« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

一難去ってまた一難…(>_<)

もう今月は最悪ですsign03
やっと、息子の病気も落ち着き始め、長い事休んでいた仕事も復帰して、以前の日常に戻りつつあった矢先sign01、ダンナから「連絡行ってると思うけど、通勤途中、交通事故で救急車で運ばれて今hospitalに居るから」とtelephone
「何なんのこと、何にも聞いてないよ~wobbly。大丈夫なんsign02
「とりあえず、命に別状は無いし、今、検査であちこち回ってるから、telephoneするまで、まだhospitalに来なくていいよ」と言ってtelephoneを切った。
あちゃ~bearing、とりあえず保険会社と勤務先に連絡し、ダンナからの連絡待ち状態。
しばらくして、連絡が入り、hospitalに行ったら「鎖骨骨折で手術になるのでこのまま入院してください」とのこと。いろんな書類を次から次へと渡され説明されるけど、半分(?)のままで、どんどん事務処理は進んで、ダンナと病室に連れて行かれ入院完了sign02
3月に入って、息子は椎間板ヘルニアになり、今度はダンナが骨折で入院。なんか病院づいてしまって…sad
息子は、冗談で「今度はかあさんの番sign02」と言ったけど、そうならないように気をつけねばcoldsweats02、しかしどっと疲れが…shock

悪夢の2週間(;ω;)

ブログ更新も大変ご無沙汰です。

3月に入り、2週間、とにかく疲れたshock

息子が、突然の足の痛みで身動きが取れなくなり、椎間板ヘルニアの診断を受けたのですが…、これが大変でしたbearing

なにせ、我息子100kgを超えるおでぶちゃんで…coldsweats01、当然ながらかよわい(?)私の手に負える体では無く、いろんな意味で何をするのも大騒動sign02

お医者様から痛み止めをもらったけど、なかなか痛みが治まらず、身動きがとれないので、息子の部屋でなく、1階にお布団を敷いて寝かせたのまでは良かったのだけど、これが大失敗cryingベットでなく床の寝たことで、起き上がる動作が出来なくなり、ますますとんでもない事態にshock

ダンナは仕事でいないし、あわてて私一人で火事場の馬鹿力ごとく、リビングのソファや、こたつを動員し、息子のベットのマットを2階から持って下りて、急きょリビングに怒涛のベット作りsign03。とは言うものの、起き上がれない息子がベットに移れるまでに数時間を要しましたが…。

この日から2.3日して草木も眠る丑三つ時(午前2時頃)になると痛みとしびれから来るストレスで何かとパニック症状らしきものが毎晩出てきて、明け方になると疲れ果てて寝る日々が1週間crying。これに付き合っているから私もへろへろ~ _ノフ○ グッタリ

10日位でなんとかひどい痛みがとれ痛み止めの座薬で、夜はゆっくり寝れるようになりましたがとにかくほんとに疲れた2週間でした。

おかげで私の体内時計が狂ってしまい、以前は、目覚まし時計が無くてもちゃんと目が覚めていたのに、今は目覚ましをしておかないと目が覚めなくなって…。体内時計を戻すのにしばらくかかりそうです。

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Myホームページ

お気に入りブログ

最近のトラックバック

無料ブログはココログ